• ヘルスケア事業部
  • ヒストリー
  • 医療用ディスプレイテクノロジー
  • R&D
  • 共同開発
  • 医療用 OEMソリューション
  • マーケットについて
  • 受賞歴
  • ディスプレイ検索

医療用ディスプレイテクノロジー

医療映像化においては、精度が非常に重要です。医療専門家は、病院内のあらゆる環境において、高い精度と効率性を持ったディスプレイ技術を必要としています。バルコのディスプレイ・システムは、20年以上にわたって、こうした技術を高いレベルで提供してきました。

  • FUSION
  • FUSION
  • I-GUARD
  • BLOS
  • ALC
  • ULT
  • PPU
  • DURALIGHT
  • BIT
  • QAWeb
  • COVER
  • QAWeb
  • QAWeb
  • IPS
前面保護ガラスカバー

バルコの医用ディスプレイには、前面保護ガラスカバーが付属しています。

Steady color
Steady color

Steady colorは正確なグレースケールとカラー表示の両方で正確な色表示、階調表示を行います。

モノクロ・カラー同時表示
柔軟でシームレスなデスクトップ

「Fusion」 ディスプレイは、仕切りの無い一体型ワイドスクリーンのデスクトップ環境を提供し、作業スペースをご希望通りに構成することができます。シームレス設計なので、視界をベゼルで邪魔されることはありません。初期・以前・現状といった検討データを並べて比較する際の使いやすさと効率が大幅に向上します。

I-Guardセンサー技術

ディスプレイの前面に装備されたI-Guardセンサーは、診断画面の出力光量を継続的に監視して調整します。このインテリジェントなシステムは、日々のワークフローを邪魔することなく、自動キャリブレーションはもちろん、コンプライアンステストレポートの作成等、各種QAをスムーズに実行することができます。

バックライト出力安定化(BLOS)

BLOS(R) は、出力光量を計測して、設定された基準値と比較します。必要なときは、マイクロプロセッサーが出力を補正します。BLOSは、システムのバックライトの 迅速な始動を行い、出力光量を継続的に安定させます。これにより、ディスプレイ・システムの全体的な一貫性が非常に向上します。

外光補正センサー(ALC)

放射線科の読影室において外光(環境光)が変化する状況は、ディスプレイの表示性能や、微妙な情報を検知することに大きく影響します。ALCは、外光の輝度を計測して、これをあらかじめ設定されたしきい値と比較し、計測輝度が設定範囲外であればQA担当者に通知し、リアルタイムで修正をすることが出来ます。

画面中央から周辺部まで均一な輝度

従来のLCDシステムでは、輝度のばらつきが最大で30%にもなることがありました。こういった不安定な状態を解消するために、バルコ独自の画面内輝度均一化技術(ULT)は、スクリーン全体にわたって輝度を均等化します。そのため診断画像は、画面中央から周辺部まで完全にDICOM準拠となります。

ピクセル輝度均一化

スクリーン・ノイズはマンモグラフィ診断の正確度に大きく影響します。バルコはこの現象を克服するため、ピクセル輝度均一化(PPU)という独自の技術を開発しました。PPU技術は、各ピクセルの輝度を計測して補正することにより、スクリーン・ノイズを除去し、全てのピクセルを常にDICOM準拠にします。

長期間の快適な読影を実現するDuraLight

長寿命のDuraLightバックライトは、従来型の冷陰極蛍光ライトに比べ、同じ消費電力で平均して3倍から5倍の期間にわたって高輝度表示が可能です。これはディスプレイの寿命中にバックライト交換が不要であることを意味し、導入時同等の性能を維持し、長期的なコストオブオーナーシップを低減することにつながります。

超高速な画像処理

バルコの診断用ディスプレイ・システムは専用のディスプレイ・コントローラーと組み合わせることで、高速ローミングやスムーズな画像操作を行えます。バルコの10ビット・ディスプレイ・コントローラーは、1024階調グレースケールの完全なデータセットを生成します。カラー画像で使われる場合は30ビットのカラー精度を提供します。

常に信頼できる画像品質

診断用ディスプレイ・システムは、製品寿命の全期間にわたって安定した画像品質を提供する必要があります。バルコのPACS(医療用画像保存通信システム)ディスプレイ・システムには、高品位な精度管理のためのオンラインサービス「MediCal QAWeb」の技術で精度管理ガイドラインへの準拠が継続的に可能になります。

SmoothGray™=超精密モノクロ画像

Coronis シリーズは独自の「SmoothGray」技術を備え、微妙な細部や病変も、これまでに比べ、識別しやすくなっています。非常に高い輝度やハイコントラスト、トゥルー・ダーク・ブラックや完璧なジオメトリーなどから、グレースケールの精度が非常に高いことがわかります。

RapidFrame™技術

高ピクセルのリフレッシュレートによる大量の画像をスクロールする際の被写体のぶれを防ぎます。 また画像を即時に診断することができるため、素早く正確な診断が可能となり効率も大幅に向上します。

IPS-Pro技術

IPS-Proは、全ての角度における診断精度をワンランク向上させることができる画期的なLCD技術です。IPS-Proでは、178度の最大視野角と標準で800:1のコントラスト比が可能になります。円錐視野は70度から120度に拡大し、コントラスト・レベルはほんのわずかな病変でも発見できるほど十分に高くなっています。

ページTOPへ