• 診断用品質
  • 医療規格
  • 品質管理ガイドライン
  • 製造品質規格
  • 安全規格
  • 環境について
  • ディスプレイ検索

安全規格

EMC(電磁両立性)基準に適合

バルコの全製品は、米国の連邦通信委員会(FCC)や欧州の国際無線障害特別委員会(CISPR)などが定める、EMC(電磁両立性)に関するすべての国際基準に準拠しています。EMC基準に準拠した製品とは、操作の際に不適切な電磁妨害を引き起こさず、強力な電磁環境においても正常に動作できる製品のことです。

バルコは、製品の設計段階でEMC性能をチェックし、その結果に応じて設計を最適化できる試験装置を導入しています。各種の国際基準コンプライアンス認証に関しては、承認された試験施設を利用しています。製品の継続的信 頼性を保証するために、製品の耐用年数期間内に同内容のEMC試験が繰り返し行われます。

EU EMC指令89/336/EEC

EN 60601-1-2 (2001) 医用電気機器EMC規格
医用電気機器 適合要件
EN 55011 (Class B) 工業、科学、医療用機器 エミッション規格
IEC 61000-3-2 高周波歪規格
IEC 61000-3-3 電圧変動規格
IEC 61000-4-2 静電気放電規格
IEC 61000-4-3 放射RF電磁界規格
IEC 61000-4-4 高速トランジェント/バースト規格
IEC 61000-4-5 雷サージ規格
IEC 61000-4-11 電圧ディップ/瞬断/電圧変動規格
IEC 61000-4-6 RF 誘導妨害規格
IEC 61000-4-8 電源周波数磁界
CE 医療デバイス指定93/42/EECへの適合
EN 60601-1 Medical Part 1 医療電気機器に関する一般的要求事項(基本規格)

米国 FCC規格に準拠

バルコ製品はFCC Part 15に準拠しています。

  • (1)バルコ製品は有害な干渉を引き起こしません
  • (2)バルコ製品は不要な操作によって起こる干渉などに対応します

バルコ製品は、クラスBデジタルデバイスの範囲でFCC part15に準拠しています。 これらの制限は、住宅に設置する際、有害な干渉から適切に保護するために定められています。 バルコ製品は、電磁波を生成、使用し、外部に放射することがあり、指示通りに設置しない場合、無線通信に有害な干渉をする場合があります。

また、設置のやり方によっては干渉が発生することがあります。 機器がラジオ、テレビの受信に干渉した場合、機器の電源を切ったり入れたりすることで干渉を確認できます。その場合は以下の措置を行うことをお勧めします。

  • 受信アンテナの向きまたは位置を変える
  • 機器と受信機を離す
  • 機器を、受信機が接続されているものとは別のコンセントに接続する
  • 販売代理店またはラジオ/テレビ技術者に相談する

注意: ユーザーが機器を改良、改造された場合はサービス、メンテナンス、保証などの対象外となります。

各国の準拠規格に対応
- 日本 VCCI level B   - 韓国 KETI level B   - PRC CCC level B   - 台湾 BSMI level B