• Mammography ディスプレイ
  • Diagnostic ディスプレイ
  • Clinical ディスプレイ
  • Surgical ディスプレイ
    • MDSC-8258
    • MDSC-8231
    • MDSC-2242
    • MDSC-2226
    • MDSC-2224
    • E192HSA
  • グラフィックスボード
  • デジタル手術室
  • QAソフトウェア
  • 互換性について
  • 生産完了品
  • ディスプレイ検索
ダウンロード スペック 特長 概要

MDSC-8231

  • Gray
  • Color
  • 4096×2160

オペ室、IVR操作室用31インチ4Kディスプレイ

MDSC-8231は外科手術室,IVR操作室などでの4K画像表示を目的に開発された,HDの4倍の解像度(4096x2160)を持つLEDバックライト、31インチ(17:9)LCDディスプレイです。DICOM規格に準拠し超低遅延でさまざまな外科画像を高精細に表示します。

  • カタログPDF
  • CE - 93/42/EEC
  • FCC class B
  • UL 60601-1 1st ed.
  • VCCI
  • PSE
  • KETI
MDSC-8231

4K対応

外科・内視鏡手術分野でも画像のHD化が急速に進行しています。バルコのオペ室用カラーディスプレイは、DICOMグレースケール画像もちろん、高品位カラーHDビデオ画像を高品位に表示、精密な手術画像を鮮明に表示し、より精度の高い各種外科手術をサポートします。

オペ室、IVR操作室専用設計

MDSC-8231は、病院内で機器の清掃、除菌に用いられるアルコール類、清掃用溶剤の使用を前提とした筐体材料の使用、フルサイズの保護スクリーンの採用等用途に最適な仕様になっています。

広い視野角

手術室では外科医が必ずディスプレイの真正面に位置するとは限らないので、広い視野角が必要です。MDSC-8231は水平、垂直ともに178°の視野角を持っており、明るさ、色の鮮明さも正面から見たときと同様で、高品位画像表示を広い範囲で維持することができます。

幅広いソース接続

幅広い入力接続が可能で、PIP、PAPに対応しています。また、マルチソースを表示するマルチモダリティイメージングにも対応します。